Arch Linuxで送る良さげなスクリーンショット生活

2019.02.09

Arch Linuxでスクリーンショットを撮るとき,単純にPrintScreenを押すとダイアログが表示される. 僕はこのダイアログのボタンを押すのすらも億劫だと感じるので,PrintScreenを押すとデスクトップに すぐに保存されるようにした.

必要なパッケージはmaimxdotool(アクティブウィンドウの取得に使う).

#!/bin/bash -e

to="$HOME/Desktop/$(date '+%Y%m%d-%H%M%S').png"
clip="xclip -selection clipboard -t image/png"

if [ $# -eq 0 ]; then
    zenity --error --text "require one argument"
    exit 1
fi
if ! which maim 1>/dev/null 2>&1 ; then
    zenity --error --text "maim command not found"
fi

while getopts dsaDSAh OPT; do
    case $OPT in
        d) maim "$to" ;;                                # desktop
        s) maim -s "$to" ;;                             # intaractive selection mode
        a) maim -i $(xdotool getactivewindow) "$to" ;;  # active window
        D) maim | $clip ;;
        S) maim -s | $clip ;;
        A) maim -i $(xdotool getactivewindow) | $clip ;;
        h) exit 1;;
    esac
done

「キーボード・ショートカット」ウィンドウから独自のショートカットを作成して,上のスクリプトをPrintScreenで呼べるようにしたらOK.


新しい記事: Discord ボットを作った 2019.02.12
古い記事: Squidで快適Docker生活 2018.10.29